スポンサード リンク
hCGと妊娠検査薬

hCGとは妊娠を維持しようとするホルモンのことです。このは、受精卵が着床すると尿中に出てきます。このhCGを鋭敏にかんじて短い時間で妊娠しているかについて検査する薬のことを妊娠検査薬とよんでいます。妊娠検査薬の感度は尿1L中にhCGが50IU(国際単位)あった場合には判定窓に赤紫などのラインが出てくるのです。そのため検査結果は陽性となりますから妊娠の可能性があるということになります。

hCGは受精卵が着床して間もないころからだんだんと増え始めてき、1週間ほどすればかなり増えてきます。妊娠検査薬は、このホルモンをキャッチして反応するのですが、妊娠検査薬は予定生理日頃には陽性結果になるように作られています。生理予定日とは生理周期が順調な場合には妊娠4週目です。そして、生理周期が不規則な場合は前回の周期を基準にして予定日を求めることになります。

妊娠検査薬の説明書には安全をみて「生理予定日のおよそ1週間後くらいから検査することができる」というように、書かれています。しかし、妊娠をしたとしてもhCGの出方が少ない場合もあります。そのため、妊娠検査薬の判定が陽性にならない場合もあります。このような場合にはさらに1週間後に再検査をおこなうか、または医師に相談してみましょう。

売れてる妊娠検査薬ベスト3はこれ!
■ わずか1分でスピード判定
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ 判定結果を液晶ディスプレイにデジタル表示
■ 99%以上の正確さ ■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ ひと目でわかる検査結果
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
妊娠検査薬WEBガイド 新着情報

妊娠検査薬は、産婦人科の病院へ行く前に自分で妊娠しているかの可能性を調べることができるキットのことをいいます。妊娠検査薬は薬局でも売っています。そのため、手軽に利用することができます。精子が子宮に着床すると、女性の体にはhCGというホルモンが分泌されるようになります。そのホルモンが尿の中にも含まれるようになります。妊娠検査薬は尿の中にhCGが含まれているか否かで妊娠の可能性を探ることができるものです。

妊娠検査薬が用いられるようになってから30年くらいたちます。そして、より使用しやすく精度も高くなってきました。日々、改良が重ねられています。現在では、正しい使用法と適切な時期を誤らなければ、99%の信憑性があるといわれています。妊娠検査薬での妊娠反応はあくまで「妊娠の可能性がある」ということです。妊娠の確定診断は必ず産婦人科の病院にいって医師の診断を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の陽性反応は、妊娠の可能性だけではなく、稀にではありますが、異常妊娠(子宮外妊娠)などの警告になることもあります。いずれにしても妊娠初期は妊婦にとって、とても大切な時期でもあります。速やかに産婦人科医師の診断を受けるようにしましょう。また、陰性反応についても、「妊娠が確認できない」ということですから、生理がさらに遅れているときは再検査をしたり産婦人科を受診することが大切です。

妊娠検査薬関連ニュース