スポンサード リンク
妊娠検査薬の擬陽性が出るケース

妊娠検査薬の擬陽性が出るケースは次のようなものがあります。例えば不妊治療をおこなっていてhCG製剤の投与を受けた場合などです。5000単位の投与をおこなっており7~10日後くらいまでは、体内に残存するhCG製剤に反応してしまい陽性を示す可能性があります。また絨毛癌などのhCG産生腫瘍がある場合も当てはまります。

他にも閉経した場合にも擬陽性が出る場合があります。閉経した後の女性では、妊娠とは無関係な微量のhCGが分泌されております。そのため、弱い陽性反応を示す場合があります。それから、流産や中絶から間もない時期なども当てはまります。直近まで妊娠していた場合には、経過日数が浅ければ、まだhCGが非妊娠レベルまで低下していません。そのため陽性を示すことがあります。

それからLHとの交差反応などもあげられます。排卵期に急増するLH(黄体形成ホルモン)は、hCGと化学的な構造が似通っていあすので検査薬が誤反応を起こすことがあります。そして重度の糖尿や蛋白尿、血液の混入なども当てはまります。不純物の混濁が多い尿で検査をすると、試薬が誤反応を起こす場合があります。

売れてる妊娠検査薬ベスト3はこれ!
■ わずか1分でスピード判定
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ 判定結果を液晶ディスプレイにデジタル表示
■ 99%以上の正確さ ■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ ひと目でわかる検査結果
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
妊娠検査薬WEBガイド 新着情報

妊娠検査薬は、産婦人科の病院へ行く前に自分で妊娠しているかの可能性を調べることができるキットのことをいいます。妊娠検査薬は薬局でも売っています。そのため、手軽に利用することができます。精子が子宮に着床すると、女性の体にはhCGというホルモンが分泌されるようになります。そのホルモンが尿の中にも含まれるようになります。妊娠検査薬は尿の中にhCGが含まれているか否かで妊娠の可能性を探ることができるものです。

妊娠検査薬が用いられるようになってから30年くらいたちます。そして、より使用しやすく精度も高くなってきました。日々、改良が重ねられています。現在では、正しい使用法と適切な時期を誤らなければ、99%の信憑性があるといわれています。妊娠検査薬での妊娠反応はあくまで「妊娠の可能性がある」ということです。妊娠の確定診断は必ず産婦人科の病院にいって医師の診断を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の陽性反応は、妊娠の可能性だけではなく、稀にではありますが、異常妊娠(子宮外妊娠)などの警告になることもあります。いずれにしても妊娠初期は妊婦にとって、とても大切な時期でもあります。速やかに産婦人科医師の診断を受けるようにしましょう。また、陰性反応についても、「妊娠が確認できない」ということですから、生理がさらに遅れているときは再検査をしたり産婦人科を受診することが大切です。

妊娠検査薬関連ニュース