スポンサード リンク
妊娠検査薬の検い方

妊娠検査薬の検い方についてですが、早期検査薬の場合はhCGへの反応下限値が25mIU/mLに設定されています。そして順調に増えていけば、着床してから3日くらいでこの水準に達します。そのため排卵の12±2日後あたりから陽性反応が検出できるようになると考えられています。しかし、個人差を考慮しながら遅い方に合わせて次のような時期を使用の目安としています。

まずは、推定排卵日もしくは性交日の2週間後以降としています。基礎体温などからその周期の排卵日と思われる日を特定することができるのであればそこから14日後以降に検査をおこないます。とある性交での妊娠を想定したとします。その想定したものから検査をする場合には、もしも、その性交で妊娠するとしたらたとえ普段の周期から予想される排卵時期とは大幅に異なっていたとしても、実際の排卵もそのあたりで行われていたということになります。

そのあめ、便宜的にとりあえず性交日≒排卵日と仮定します。そして、その14日後以降に検査をおこないます。この方法の場合では、当該性交日よりも後にも性交渉を持っているような場合には、そちらの性交での妊娠はまだ判明しない可能性があります。他にも生理予定日以降に妊娠検査薬で検査をおこなう場合もあります。正確な排卵日の推定などができるような方法をとっていない場合には生理予定日以降におこないます。

売れてる妊娠検査薬ベスト3はこれ!
■ わずか1分でスピード判定
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ 判定結果を液晶ディスプレイにデジタル表示
■ 99%以上の正確さ ■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ ひと目でわかる検査結果
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
妊娠検査薬WEBガイド 新着情報

妊娠検査薬は、産婦人科の病院へ行く前に自分で妊娠しているかの可能性を調べることができるキットのことをいいます。妊娠検査薬は薬局でも売っています。そのため、手軽に利用することができます。精子が子宮に着床すると、女性の体にはhCGというホルモンが分泌されるようになります。そのホルモンが尿の中にも含まれるようになります。妊娠検査薬は尿の中にhCGが含まれているか否かで妊娠の可能性を探ることができるものです。

妊娠検査薬が用いられるようになってから30年くらいたちます。そして、より使用しやすく精度も高くなってきました。日々、改良が重ねられています。現在では、正しい使用法と適切な時期を誤らなければ、99%の信憑性があるといわれています。妊娠検査薬での妊娠反応はあくまで「妊娠の可能性がある」ということです。妊娠の確定診断は必ず産婦人科の病院にいって医師の診断を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の陽性反応は、妊娠の可能性だけではなく、稀にではありますが、異常妊娠(子宮外妊娠)などの警告になることもあります。いずれにしても妊娠初期は妊婦にとって、とても大切な時期でもあります。速やかに産婦人科医師の診断を受けるようにしましょう。また、陰性反応についても、「妊娠が確認できない」ということですから、生理がさらに遅れているときは再検査をしたり産婦人科を受診することが大切です。

妊娠検査薬関連ニュース