スポンサード リンク

妊娠検査薬が陰性になることもあるとおもいます。妊娠検査薬が陰性になる一番多いケースについてご紹介したとおもいます。そもそも、妊娠検査薬の検査方法は尿を検査薬にかけるといった簡単なものです。これによって妊娠により初めてできる妊娠ホルモン(hCG)がでているのかどうかを調べることになります。けれども、妊娠ホルモンができ始める時期というものがあります。

これは生理が遅れ始める頃から少しづつ尿に出始めていき妊娠3か月頃をピークにして、出産するまで尿に存在します。そのため妊娠検査薬によって妊娠したのかどうかわかる時期は、「生理が約1週間遅れたころから」ということになると思います。「もしかしたら赤ちゃんができたかな?」と思ったらいてもたってもいられないのがほとんどだとおもいます。

妊娠検査薬の効果が出る時期まで待ってられないというのが心情だとおもいます。その結果として妊娠しているのに陰性がでてしまうといったケースが増えるわけです。妊娠検査薬は判定するのに1分だけで済むというようにPRしています。その多くはすぐにわかります。しかし妊娠ホルモンが極めて少ないため判定されsるまでさらに時間を要したという話もあります。

妊娠検査薬をつかってみて結果が陽性とでたあとに再検査をおこない陰性になる場合もあります。妊娠検査薬できちんと陽性になったのに、その後に生理があったり、再検査で陰性だったような場合には、ごくごく早期の自然流産の可能性があります。この場合には、妊娠検査薬が陽性になった理由としてあげられることは、どういった点なのでしょうか。

これは、受精卵が着床して一時的に妊娠ホルモンが分泌されます。そして、その後に流産してしまい妊娠ホルモンの分泌が減少してしまい妊娠反応が陰性になったと考えられます。「早期流産」とは、妊娠22週(妊娠約6ヶ月)未満のうちに、胎児が子宮の中で育たないで妊娠が中断してしまうということなのです。その原因のほとんどが染色体の異常や受精卵の未発達などです。

母体のほうに流産の原因があるというよりは、受精卵側に原因があることが多いみたいです。妊娠検査薬を陰性と見まちがう場合ですが、妊娠検査薬は判定に1分だけ済むというようにPRしていることからもわかりますが、その多くはすぐに判定結果がわかります。しかし妊娠ホルモンが極めて少ないため判定までにさらに時間を要したという話もあるのです。つまり、本当は妊娠検査薬では陽性を示しているのに、その判定が出る前に確認してしまい、陰性であったと判断してしまうというわけなのです。

わずか1分で判定することができるアラクスの妊娠検査薬チェックワンは、99%以上の正確をもっているそうです。また判定結果がのこりますのでパートナーに嬉しい知らせをそのまま見せることもできます。チェックワンは1992年7月1日より、自分で妊娠をチェックできる妊娠検査薬としてデビューしました。

チェックワンは、アラクスのバイオテクノロジーを駆使しし開発された日本製の製品です。チェックワンは発売された当初から、性能や使いやすさの向上をめざしており日本の妊娠検査薬市場を歩み続けてきたそうです。チェックワンは、妊娠の早期判定の補助として用いるためのものです。妊娠が確定なのかを診断するためには他の所見とともに医師によって総合的になされるものです。

チェックワンの判定が陽性であれば、妊娠している可能性があるといえます。しかし、この検査結果からだけでは正常な妊娠かどうかまでは判別することはできません。そのためできるだけ早く医師の診断を受けたほうがよいでしょう。また、たとえ陰性であったとしてもその後に生理が始まらないような場合は、再検査をするかまたは医師に相談したほうが良いでしょう。

妊娠検査薬をフライングで使ってしまったという方もきっといるとおもいます。世の中には一日も早く妊娠したい、おして子供が欲しいと思っている女性は少なくありません。実際に、結婚しているカップルでも不妊で悩んでいるというかたもいます。以前は10組に1組と言われていました。しかし、いまでは7組に1組となってきており不妊で悩むカップルは増えている傾向にあります。

不妊で悩んでいる女性は、毎月の生理を挟んで期待と落ち込みが交錯してしまいます。そして精神的に不安定になってしまうということもあります。一般的にいうと妊娠検査薬で判定が出るのは生理予定日1週間後とされています。しかし、一日も早く子供を授かりたいと考えている女性の場合は、生理前になると、基礎体温を何度も測ってみたり、フライングで妊娠検査薬を何回も使ってしまうこともあるようです。

実はフライングで妊娠検査薬を使ってみて、見事に陽性反応が出たという人も中にはいます。しかしフライングといっても、早すぎるのは禁物です。通常では排卵後8日から10日は着床する時期と言われており、あまりにも早く検査してしまうと、受精して着床する前に陽性が出てしまってその後に受精卵が着床しなかった場合には受けるショックが大きいと思います。

妊娠検査薬の陽性反応が薄い場合もあると思います。女性は妊娠をすると受精卵からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されます。妊娠検査薬はこのホルモンが尿中にあるかどうかを検査するといったものです。市販されている妊娠検査薬と医療機関で使われてる妊娠検査薬は基本的に同じものです。もしも、陽性反応が出た場合は高い確率で妊娠していると判断することができます。

妊娠検査薬は、排卵日から2週間から3週間目に妊娠の事実がある場合には、陽性反応が出るように作られています。しかし初めのうちはhCG分泌量が少なくて反応の印が薄いというように妊娠しているのかどうかを判断することができにくい場合があります。hCG分泌量の目安からすると妊娠2週では0.2mIU/mlです。それに対して3週では20~50mIU/ml、4週では200mIU/ml、5週では1000mIU/mlというようにだんだんと増えて行きます。

hCG分泌量が「50mIU/ml」以上になれば陽性反応がでるようにと市販の妊娠検査薬は通常では設定されています。「50mIU/ml」というのは、妊娠3週の終わり頃で生理予定日頃から、陽性反応が出るといった人が多いのです。けれども、これはあくまで個人差があります。そのため生理予定日1週間後の検査が確実だということなのです。hCGは受精卵が女性の体内のどこかに着床すれば分泌されていきます。そのため科学的流産や子宮外妊娠などでも反応してしまいます。正常な妊娠週の状態よりこの数値が低ければ赤ちゃんがきちんと育っていないため流産している可能性が出てきます。

妊娠検査薬は、妊娠しているかの有無を判定する目的で、尿中にあるhCGに対する反応を調べる試薬のことえす。妊娠検査薬の原理についてですが、受精卵が子宮に着床することによって子宮内膜を保って着床状態を維持するために、卵巣内にある黄体の分解を防いぎ黄体ホルモンの分泌を継続させるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が胎盤から分泌されることになります。

このhCGは体外へと排出される尿中にも含まれています。妊娠検査薬はそのhCGを検出して陽性の変色反応を示すといった原理をもっています。hCGは受精卵の着床が成立してから、はじめて分泌され始めていきます。そのため、胎児が存在しない想像妊娠の場合だと、つわりがあるというようにあたかも妊娠しているかのような身体症状を呈していたとしても、妊娠検査薬が陽性になることはありません。

妊娠検査薬の精度についてですが、妊娠検査薬のhCG検出感度は閾値20~100mIU/mLほどです。日本で主に市販されている製品は50mIU/mLで早期検査薬として提供されている物は25mIU/mLを検出基準値としています。適切な時期に正しい操作方法で検査することによって判定結果は99%以上の正確性を有しています。しかし様々な原因で誤判定も起こり得るので妊娠の有無の確定をするためには他の方法も含めた総合的な検査が必要とされます。

病院などで妊娠を判定するために行われる尿検査も、形状は異なりますが、市販品としくみは同じようなものになっています。しかし、病院によっては早い時期に検出できることを重視しており、感度25mIU/mLのものを使用している場合と、他物質の誤反応による擬陽性を避けてから確実に妊娠を見極めるために50mIU/mLレベルのものを使っている場合があります。

妊娠検査薬での陽性反応は、エコーで子宮内の胎嚢が見えるようになるよりも早く観察されます。現代において科学的な方法で妊娠を検知するための最も早い手段として用いられています。なお、hCGの検査には血中濃度を定量する方法もあります。これは尿中よりもさらに少ない量から検出することができるためです。稽留流産などが疑われる場合には、このような経過の推移を見守るためには役立ちます。

その一方で、非常に敏感で妊娠判定が微妙な時点でも陽性と出る場合もありますので、妊娠の有無を診断する時には、まずは尿検査の方から行うのが通常であるとされています。一般的にはほとんどの方が、自宅で薬局などで購入した妊娠検査薬で調べてみてから、きちんと病院で妊娠しているかどうかの判定をしてもらっているのではないでしょうか。

妊娠検査薬の検い方についてですが、早期検査薬の場合はhCGへの反応下限値が25mIU/mLに設定されています。そして順調に増えていけば、着床してから3日くらいでこの水準に達します。そのため排卵の12±2日後あたりから陽性反応が検出できるようになると考えられています。しかし、個人差を考慮しながら遅い方に合わせて次のような時期を使用の目安としています。

まずは、推定排卵日もしくは性交日の2週間後以降としています。基礎体温などからその周期の排卵日と思われる日を特定することができるのであればそこから14日後以降に検査をおこないます。とある性交での妊娠を想定したとします。その想定したものから検査をする場合には、もしも、その性交で妊娠するとしたらたとえ普段の周期から予想される排卵時期とは大幅に異なっていたとしても、実際の排卵もそのあたりで行われていたということになります。

そのあめ、便宜的にとりあえず性交日≒排卵日と仮定します。そして、その14日後以降に検査をおこないます。この方法の場合では、当該性交日よりも後にも性交渉を持っているような場合には、そちらの性交での妊娠はまだ判明しない可能性があります。他にも生理予定日以降に妊娠検査薬で検査をおこなう場合もあります。正確な排卵日の推定などができるような方法をとっていない場合には生理予定日以降におこないます。

妊娠の早期検査薬についてご紹介したいと思います。生理予定日は排卵してから約2週間後となっています。例えば正確な排卵日を推定することができる方法をとっていない状態で、周期中の性交回数も多い場合に妊娠しているのかどうかが不明な場合は、ひとまず普段の周期どおりの時期に排卵が行われたものと見なしてます。そして生理予定日以降に検査をおこないます。

もしも、正常な月経が行われている女性であれば個々人の生理周期の長さにかかわらず排卵から生理までの期間は14±2日で一定だからです。ただし、この方法はあくまで普段どおりに排卵が行われたことを前提にしたものです。そのため実際の排卵日が予想よりも遅ければ正しい結果が出ない可能性があります。妊娠をしる早期検査は、「可能であればなるべく早く陽性を拾い上げて妊娠を知る」ことを目的としています。

そのため、受精卵の発育が遅れておりhCGの増加速度が鈍いようなケースでは、まだ検査時期が早くて妊娠していても陰性と出ることがあります。また、性交日を基準にした検査の場合では、体内で何日か生き延びていた精子が数日後の排卵によって受精したような場合には、そのぶん着床の成立やhCGの分泌も後日へとずれ込むことになります。そのため、早期検査薬を「陰性によって早く妊娠を否定する」といった目的で使うべきではありません。

通常検査薬はhCGへの反応下限値が50mIU/mLに設定されています。そして順調に増加していけば、着床から5日くらいでこの水準に達していきます。そのため、排卵の14±2日後あたりから陽性反応が検出できるようになります。このように考えられていますが個人差を考慮していることやhCGの増加速度が標準よりも遅い人も拾い漏れないよう余裕を見てり、次のような時期を使用の目安としています。

まずは、推定排卵日もしくは性交日の3週間後以降となっています。ほかにも生理予定日である排卵の約2週間後からさらに1週間たった後です。早期検査と同じようにあくまで普段の生理周期から推測した時期に排卵が行われたことを前提とした基準日となていますので、陰性でも検査日の3週間前以降にも性交があった場合には、その性交による妊娠の可能性を否定することはできません。

陰性で、かつ予定日を超えても月経がこなかったということは、少なくとも排卵は普段どおりの時期にはまだ行われていなかったと推察されるためで。日本で市販されている一般的な妊娠検査薬は、蓋のついたスティック状の形をしておりスティックには丸や四角の穴が開いています。その場所に検査時間の終了を示すラインや陽性反応のラインが浮かび上がるようになっています。

日本国内で市販されている一般的な妊娠検査薬の場合は、蓋のついたスティック状の形をしています。そしてスティックには丸や四角い形の穴が開いています。その場所に検査時間の終了を示したラインや陽性反応のラインが浮かび上がるようになっています。蓋を外した先端の部分に尿をかけるのか、もしくは紙コップなどに採取した尿へ先端を浸すなどして、染み込ませます。

蓋を閉めてから静かに置いておいて所定の判定時間が過ぎるのを待ちます。判定時間は販売されている妊娠検査薬によって異なります。判定時間に達したら、検査の終了を示すラインが出ていることを確認してから判定ラインを見ましょう。終了線が出ていない場合には、かける尿の量が少なかったというように検査が失敗となりますので、その検査薬は廃棄して、新しい検査薬で判定をやり直しましょう。

終了ラインや判定ラインの色、そして形は製品ごとに異なります。終了窓と判定窓にそれぞれに縦線が表れるものや、判定窓に陽性なら「+」陰性なら「-」というように表れるものなど様々です。説明書の指示に従って読み取りましょう。もしも、説明書にある通りの色なら、多少でも淡めのラインでも陽性と判断してよいと思います。しかし、説明書とは異なる色調だったりする場合には陰性として扱いましょう。

妊娠検査薬の判定結果でよく目を凝らしてじっくり見ていれば線があるような気もするというようなラインは、陰性として扱います。そして妊娠しているかどうかの判断に迷うような微妙な濃さであれば、無理に一度で見極めようとしないで結果を保留しておきましょう。そして、hCGの増加を待ってみて2日から3日後に再検査してみるとよいでしょう。

また、所定の判定時間以外で見えた線については、正しい結果でない場合がありますので注意しておきましょう。例えば尿をかけた直後に一瞬浮き上がって判定時間には消えていたラインもあると思います。尿の水分が検査紙に染みた瞬間んい試薬を仕込んである箇所が、一時的に他の地色とは違うことがあります。そして薄っすら線が浮き出したように見えることがあります。

このようなラインについては、所定の判定時間に達した時点ではたいがい消えています。そのため陽性ではないといえます。検査時点で既にhCGが十分に多く分泌されている時期の場合には、判定時間を待たなくても尿をかけた直後から陽性ラインがみるみる現れてくることも多いです。そのようなケースではくっきりとした明らかなラインでありますので終了時間に達した時点であってもはっきりと残っています。

妊娠検査薬を試してみて、所定の判定時間を大幅に過ぎてから表れたラインがあるとします。これは俗にいう「蒸発線」と呼ばれるものです。水分が蒸発していくとき濃縮された尿の成分が線状に残ってしまったり、濃度が上がった尿中の成分に試薬が誤まって反応してしまい表れたりしたものです。妊娠成立した直後でhCGがまだ少ないごく初期には、判定時間を経過ってから陽性ラインが現れることもあります。

このように数分かけてだんだんと陽性のラインが表れることもありますが、そういった場合も、あまりにも遅れて出てきたラインなのであれば日を置いてから再検査してみる方が無難だといえるでしょう。なお、最終的な妊娠の確定診断については、医師が触診や超音波検査などから総合的に行うものです。そのため、妊娠検査薬の結果だけで自己判断してはなりません。

さまざまな原因で擬陽性・擬陰性が表れる可能性もあります。また、妊娠していて陽性が出たとしても、それが正常な妊娠であるのかどうかまでは判らないため、市販の妊娠検査薬で陽性を確かめた後には、速やかに産婦人科を受診するのが望ましいといえるでしょう。

妊娠検査薬の擬陽性が出るケースは次のようなものがあります。例えば不妊治療をおこなっていてhCG製剤の投与を受けた場合などです。5000単位の投与をおこなっており7~10日後くらいまでは、体内に残存するhCG製剤に反応してしまい陽性を示す可能性があります。また絨毛癌などのhCG産生腫瘍がある場合も当てはまります。

他にも閉経した場合にも擬陽性が出る場合があります。閉経した後の女性では、妊娠とは無関係な微量のhCGが分泌されております。そのため、弱い陽性反応を示す場合があります。それから、流産や中絶から間もない時期なども当てはまります。直近まで妊娠していた場合には、経過日数が浅ければ、まだhCGが非妊娠レベルまで低下していません。そのため陽性を示すことがあります。

それからLHとの交差反応などもあげられます。排卵期に急増するLH(黄体形成ホルモン)は、hCGと化学的な構造が似通っていあすので検査薬が誤反応を起こすことがあります。そして重度の糖尿や蛋白尿、血液の混入なども当てはまります。不純物の混濁が多い尿で検査をすると、試薬が誤反応を起こす場合があります。

妊娠検査薬の擬陰性が出るケースとしては次のような点があげられます。たとえば検査時期がまだ早かったり、尿が薄かったりする場合です。陽性反応が出始める初期の頃は、水分摂取の過多などにより尿が薄まってしまうと、十分に反応できるだけのhCG濃度を得られない場合があります。そして胎児の発育停止・重度の遅滞によるhCGの過少などもあります。

これは、流産が起き始める前兆といわれています。すでに子宮内で胎児が死亡している(稽留流産)などがあげられます。また、子宮外妊娠でも胎児が成長を続けていれば陽性反応が出ることもありますが、発育が止まったり死亡していたりしてhCGが低下していれば、陰性になることもありえます。

胞状奇胎とは、絨毛組織が異常に増殖しており、hCGが極端に多く分泌されているため、試薬が正常に反応しないで陰性と出る場合があります。そして正常な妊娠経過の場合であっても、hCGの量が多すぎると試薬が正常に反応しない可能性もあります。一般に妊娠検査薬はhCGがまださほど多くない4~5週目ごろの使用が想定されています。

妊娠初期はhCGが急激に増加していき10週前後には、ピークを迎えます。例えば遅い時期に妊娠検査薬を使った場合には、人によってはこのピークの時期に試薬が正常に反応するといった上限を超えてしまうこともあります。また、多胎の場合には、単胎よりもhCGの分泌が多くなっていますので、こうした現象を起こしやすくなる可能性があります。

なお、ピークを過ぎた後のhCGは減少に転じていきますので胎盤が完成して妊娠の維持がしやすくなった安定期を迎える頃には、かなり少なくなってきています。通常の分娩までは妊娠検査薬が反応する程度の量はゆうに超えています。妊娠検査薬が一般に広く普及してきたことによって、ごく初期のうちに妊娠を知ることができるようになりました。超音波診断で胎嚢の存在が確認できるようになったことなどの臨床上の妊娠の所見がはっきりしてくるよりも前に、生化学的な手法から妊娠が判明していた段階でも流産が起こる事例が見つかるようになりました。

このような流産のことを化学的流産(Chemical abortion)と呼んでいます。流産というような名は付きますが、妊娠を意識して早い時期にhCGの検査をしていなければ、通常の月経としか認識されないまま日常的に起こっているケースも多くみられ、妊娠回数や流産回数には含めないとされています。ヒトの場合は他の動物よりも妊娠成功率が低いため、精卵の不着床とともに、着床の直後から妊娠に気付く前後の超早期流産についても自然淘汰としてかなりの割合で発生しています。

着床出血後の妊娠検査薬についてですが、着床出血をした後に妊娠検査薬はいつ試せばよいのでしょうか?着床出血にかかわらず、女性なので突然として出血したり、いつもと違うおりものには敏感になりがちだと思います。予想外の出血は必要以上に不安になったり、期待したりと振り回されることもあると思います。

まずは落ち着いて、どんと構えてしまいましょう。これが着床出血だとしたらあせることはありません。今はまだ授かったかもしれない奇跡の生命力を信じることしかできないからです。着床出血と思われる出血の後から、さらに1~2週間くらいは様子を見ておて、その間に生理が来なければ、検査薬を1回もしくは2回数日あけて試してみましょう。

もしも、妊娠の陽性反応が2度続くようでしたら妊娠の可能性が高いと思いますのですみやかに病院を受診しましょう。もともと生理不順がある女性の場合には、とくに、着床出血があったり、生理が遅れていたりしても妊娠とは気づかないことが多いみたいです。生理不順の場合には排卵日の割り出しがむずかしいとは思います。性交日から2週間くらいたって生理よりも少量の血の薄い出血や茶色っぽいおりものがあったり、朝の基礎体温が下がっていなければ、妊娠検査薬を試してみると良いかもしれません。

着床出血はいつの時期に起きるのでしょうか?またどのような症状なのでしょうか?毎月の生理周期が順調にきていると仮定します。基礎体温を計っていれば、通常低温期から高温期へかわる境目でいったん基礎体温が一番下がる日があります。その日が排卵日と考えられています。その排卵日から数えておよそ1週くらい後に受精卵が子宮内膜に着床した際に起こる出血のことです。

もし、生理周期が28日の方の場合には、生理開始日を1日目と数えて排卵日は14日目頃になります。着床出血は21日目頃が目安となります。ただし、あくまでも目安なので確定ではありません。そもそも排卵日が14日目頃というのが目安にしかすぎないので、本当は実際の排卵日からおよそ1週間くらい後となります。

たとえば排卵が遅れた場合には、当然のことですが着床出血も21日目頃より後ろにずれてしまいます。そのため、生理予定日前後に起こってしまい生理と勘違いされることも多くあります。着床出血とは妊娠準備のできている子宮内膜に受精卵が着床した時に子宮内膜が少し溶けてしまい、それが少量のおりものとして出てくる現象です。

出血とはいっても生理とは違いますので、おりものといった感じで大量ではありません。出血と呼ばれてはいますが、茶色っぽいおりものから薄い血の色のことが多くみられます。また、出血期間も1日~1週間と人によって個人差があります。着床出血はどちらかというとない人の方が多いようです。おりもの程度であまり記憶に残っていない人もいますし、着床出血が長く続くような場合には、妊娠とは気づかずに軽い生理と勘違いする場合もあるようです。

妊娠検査薬による自己検査についてご紹介したいと思います。月経が遅れていると、もしかしたら妊娠しているのではないかと思う女性も少なくないと思います。でも、産婦人科に行くのはなんとなくはばかれる、自宅で誰にも見つからないで妊娠しているかどうかを調べたいというように悩む女性は実は多いと思います。しかし、妊娠検査薬を薬局で買ってきて自分で検査をしても「本当にこれでいいのかしら」と悩んでしまいます。

また一方で、妊娠初期は赤ちゃんの脳や心臓など主要器官が出来始める大切な時期なので、妊娠を早く知ることは大切なことなのです。あるいは子宮外妊娠などの正常でない妊娠の場合もあります。検査結果が陽性になれば妊娠の可能性があります。そのため、出来るだけ早く医師の診断を受けるようにしましょう。妊娠の初期に受精卵から尿中に分泌されるホルモン(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン、hCGといいます。)があります。

hCGは妊娠を維持しようとするホルモンなのですが、赤ちゃんが着床すると尿中に出てきます。このhCGを鋭敏に捉えて短い時間で妊娠しているかどうかを検査する薬を妊娠検査薬といいます。妊娠検査薬の感度は尿1L中にhCGが50IU(国際単位)あった場合に、判定窓(枠)に赤紫などのラインが出てきます。そのため検査結果は陽性となり妊娠の可能性ありとなります。

hCGとは妊娠を維持しようとするホルモンのことです。このは、受精卵が着床すると尿中に出てきます。このhCGを鋭敏にかんじて短い時間で妊娠しているかについて検査する薬のことを妊娠検査薬とよんでいます。妊娠検査薬の感度は尿1L中にhCGが50IU(国際単位)あった場合には判定窓に赤紫などのラインが出てくるのです。そのため検査結果は陽性となりますから妊娠の可能性があるということになります。

hCGは受精卵が着床して間もないころからだんだんと増え始めてき、1週間ほどすればかなり増えてきます。妊娠検査薬は、このホルモンをキャッチして反応するのですが、妊娠検査薬は予定生理日頃には陽性結果になるように作られています。生理予定日とは生理周期が順調な場合には妊娠4週目です。そして、生理周期が不規則な場合は前回の周期を基準にして予定日を求めることになります。

妊娠検査薬の説明書には安全をみて「生理予定日のおよそ1週間後くらいから検査することができる」というように、書かれています。しかし、妊娠をしたとしてもhCGの出方が少ない場合もあります。そのため、妊娠検査薬の判定が陽性にならない場合もあります。このような場合にはさらに1週間後に再検査をおこなうか、または医師に相談してみましょう。

生理が規則正しくきている場合には最終生理日を妊娠ゼロ日とします。おして、排卵日は妊娠2週目、そして最終生理日のあった次の生理予定日は妊娠4週目となります。低温相とは生理初日から排卵しする前の体温が上がり始まる前までの基礎体温が低い時期のことをいいます。これには個人差があります。高温相とは排卵した後に、黄体ホルモンによって黄体が形成がされる時期です。

このホルモンのせいで基礎体温が上昇をしていきます。黄体の寿命は個人差はありません。だいたい2週間くらいで一定です。排卵の時期とは低温相が終了して、1~2日後くらいです。生理周期とは生理初日から次回生理開始日前日までの期間のことをいいます。排卵までの期間である低温相の期間は個人差の期間なのですが、これが決定すれば決まます。

体温表測定者の生理周期は低温相(14日)+高温相14日(一定)=28日となります。妊娠の可能性があるのに陽性と出ない場合には妊娠で極めて初期の場合は、検査するときにチェックできるだけのhCGが出ていないことがあります。また水分を多量に飲んだため尿中のhCGが薄くなってしまうこともあります。次に妊娠の可能性がないのに陽性と出る場合はhCG製剤の投与を受けている場合(不妊症治療や黄体機能不全の治療)や閉経後女性(妊娠と無関係なhCGが微量に出ているため)などです。

結婚前に妊娠することは世間的にみればあまり良いことではありませんよね。しかし、結婚をして妊娠を望んでいる女性にとっては頼みの綱の存在が妊娠検査薬です。受精・着床をすると3日から4日くらいでhCGという妊娠ホルモンが分泌されます。そして、それが尿に排出されることになります。妊娠検査薬は、尿中のhCGを検出することで妊娠を判定するというものです。

妊娠検査薬の使用上の注意には、生理予定日1週間後から使用可能とあります。一般的には生理予定日1週間後から使えますが、検出感度は50IU/Lです。中には生理予定日から使うことができるものもあります。こちらの妊娠検査薬の場合は検出感度は25IU/Lで「チェックワンファスト」というアイテムです。しかし、この妊娠検査薬は生理予定日前でも十分に反応するそうです。

「妊娠検査薬で陽性になったのはいつ頃?」というようなアンケートをとった結果によると妊娠3週目、つまり生理予定日の1週間前から予定日には陽性反応が出たという回答が1番多いようです。生理の前などに下腹部痛や倦怠感、胃痛、股関節痛などがあるかたは妊娠しているとそのようなことがきない場合もあります。唾液の分泌が多くなるということも妊娠におけるつわりの症状のひとつなので目安になるかもしれませんね。早めに妊娠をしりたいという方はチェックワンファストを使用してみてはいかがでしょうか。

HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は受精卵が骨盤内のどこかに着床することにより分泌されはじめます。これは子宮外妊娠であっても科学的流産であっても反応します。また、この数値が妊娠週より低いければ赤ちゃんがちゃんと育っていないため流産している可能性が出てきます。「50mIU/ml 」というのは、妊娠3週の終わりごろです。

つまり、生理予定日頃から陽性反応が出るという人が多いわけです。しかしながらあくまで「個人差」がありますので生理予定日1週間後の検査が確実だというわけです。妊娠検査薬の使い方としては市販の検査薬の説明書に従っておこないます。ほとんどは棒状の検査薬です。そして、その先におしっこをつけます。

陽性であれば数分くらい後には検査窓に色の変化がでます。アラクス、チェックワンの場合にはキャップをはずして、下を向くように持って尿吸収体全体を約3秒間尿で濡らします。濡らし終わったら、下に向けたままキャップをします。そして、平らなところに判定窓が見えるように置いてそのまま約1分待ちます。

hCG Human Chorionic GonadotropinはhCGのことです。妊娠すると受精卵からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されていきます。妊娠検査薬はこのホルモンが尿の中にあるかどうかを検査する仕組みになっています。市販されている妊娠検査薬と医療機関で使われている妊娠検査薬は基本的に同じものです。

そして、妊娠検査薬で陽性反応が出たときには高い確率で妊娠していることになります。妊娠検査薬を使用する時期についてですが、妊娠検査薬は排卵日から2~3週間目には陽性反応が出るように作られていますが、最初のうちはhCGが分泌量が少ないため反応の印が薄いというように妊娠しているかどうかのの判断しにくい場合があります。

妊娠検査薬を正確に検査できる時期については次のとおりです。まず基礎体温を測っている→高温期が3週間続くような場合、そして生理が順調の場合には生理がくる時期が遅れた1週間後くらいです。市販の妊娠検査薬はHCGが「50mIU/ml 」以上になると陽性の反応がでます。このHCGは受精卵が骨盤内のどこかに着床することによって分泌しはじめます。

妊娠検査薬は、産婦人科の病院へ行く前に自分で妊娠しているかの可能性を調べることができるキットのことをいいます。妊娠検査薬は薬局でも売っています。そのため、手軽に利用することができます。精子が子宮に着床すると、女性の体にはhCGというホルモンが分泌されるようになります。そのホルモンが尿の中にも含まれるようになります。妊娠検査薬は尿の中にhCGが含まれているか否かで妊娠の可能性を探ることができるものです。

妊娠検査薬が用いられるようになってから30年くらいたちます。そして、より使用しやすく精度も高くなってきました。日々、改良が重ねられています。現在では、正しい使用法と適切な時期を誤らなければ、99%の信憑性があるといわれています。妊娠検査薬での妊娠反応はあくまで「妊娠の可能性がある」ということです。妊娠の確定診断は必ず産婦人科の病院にいって医師の診断を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の陽性反応は、妊娠の可能性だけではなく、稀にではありますが、異常妊娠(子宮外妊娠)などの警告になることもあります。いずれにしても妊娠初期は妊婦にとって、とても大切な時期でもあります。速やかに産婦人科医師の診断を受けるようにしましょう。また、陰性反応についても、「妊娠が確認できない」ということですから、生理がさらに遅れているときは再検査をしたり産婦人科を受診することが大切です。

売れてる妊娠検査薬ベスト3はこれ!
■ わずか1分でスピード判定
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ 判定結果を液晶ディスプレイにデジタル表示
■ 99%以上の正確さ ■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ ひと目でわかる検査結果
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
妊娠検査薬関連ニュース