スポンサード リンク
妊娠検査薬の薄い反応

妊娠判定が薄く出た場合でも、判定は妊娠陽性です。デジタル表示の妊娠検査薬では「+」と「-」で陽性と陰性がはっきりわかりますが、アナログ表示の妊娠検査薬で判定ラインが薄いと、とても心配になるものです。検査手順が正しければ、妊娠判定ラインの濃さは、尿の中のhCGの濃度の影響を受けますので、濃度が薄いと判定ラインは薄くなります。

しかし、濃度が薄くても、そもそもhCGは妊娠しているときのみ分泌されるホルモンなので、尿の中に検出されるということは、妊娠の可能性が認められるということです。分泌量は妊娠3ヶ月ごろまで増加して、妊娠が継続している間は続きます。検査時に、hCG濃度が低くても何ら問題ありません。

とは言うものの、薄い反応はなんだかとても頼りなげな印象であることも確かです。産婦人科を受診するのが一番望ましいことではありますが、何らかの理由で受診に踏みきれない女性は、3日くらい後に再度検査を行ってください。妊娠しているのであればhCGの分泌量は増えているので1回目よりはっきりとした反応が出るはずです。2回目で陰性であっても、その後も生理が始まらなければ必ず産婦人科を受診してください。

妊娠検査薬を使用するときの女性の心理は実にさまざまです。けれど、共通していることは「早く、はっきりと知りたい」ということでしょう。検査手順を守るとともに、検査時期を誤らないこと、そして、気が急いてもしばらく待つことが大切です。妊娠検査薬は条件が整えば正しい判定をしてくれます。

売れてる妊娠検査薬ベスト3はこれ!
■ わずか1分でスピード判定
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ 判定結果を液晶ディスプレイにデジタル表示
■ 99%以上の正確さ ■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ ひと目でわかる検査結果
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
妊娠検査薬WEBガイド 新着情報

妊娠検査薬は、産婦人科の病院へ行く前に自分で妊娠しているかの可能性を調べることができるキットのことをいいます。妊娠検査薬は薬局でも売っています。そのため、手軽に利用することができます。精子が子宮に着床すると、女性の体にはhCGというホルモンが分泌されるようになります。そのホルモンが尿の中にも含まれるようになります。妊娠検査薬は尿の中にhCGが含まれているか否かで妊娠の可能性を探ることができるものです。

妊娠検査薬が用いられるようになってから30年くらいたちます。そして、より使用しやすく精度も高くなってきました。日々、改良が重ねられています。現在では、正しい使用法と適切な時期を誤らなければ、99%の信憑性があるといわれています。妊娠検査薬での妊娠反応はあくまで「妊娠の可能性がある」ということです。妊娠の確定診断は必ず産婦人科の病院にいって医師の診断を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の陽性反応は、妊娠の可能性だけではなく、稀にではありますが、異常妊娠(子宮外妊娠)などの警告になることもあります。いずれにしても妊娠初期は妊婦にとって、とても大切な時期でもあります。速やかに産婦人科医師の診断を受けるようにしましょう。また、陰性反応についても、「妊娠が確認できない」ということですから、生理がさらに遅れているときは再検査をしたり産婦人科を受診することが大切です。

妊娠検査薬関連ニュース