スポンサード リンク
妊娠検査薬の陽性反応

デジタル表示の妊娠検査薬で「+」反応、アナログ表示のもので判定ラインが出たら、妊娠陽性です。妊娠の可能性が確認できましたので、速やかに産婦人科を受診してください。

妊娠検査薬の判定はあくまで妊娠を知る上での補助的な判定です。妊娠の確定診断は産婦人科の医院で、さまざまな検査を経て総合的に判断されるものです。妊娠検査薬は、尿の中にhCGホルモンが含まれているかどうかを調べているので、正常な妊娠かまたはそうでないケースであるかは判定できません。

早い段階で妊娠を知ることはとても大切なことです。妊娠初期は赤ちゃんの脳や心臓などいろいろな主要器官ができ始める時期です。刺激に弱く、外からの影響を受けやすい時期で、レントゲンや強い薬、または激しい運動を最も避けたい時期に当たります。妊娠を早く知ることにより、赤ちゃんをより安全に守るとともに、生まれてくるまでお母さんが不安や心配を抱えずに済むように自分をコントロールできるようになります。

また、お母さん自身も必要な栄養や休息を積極的に取り込む意識が生まれてくるでしょう。この時期、新しい命を育み始めたお母さんの体もとても不安定です。現状をしっかりと把握し、医師のアドバイスを受けることは有意義なことだといえるでしょう。

また、妊娠を望まない女性にとっても、これから進むべき方向を決める上で、妊娠を早く知ることはとても重要です。自分自身にとってもお腹の赤ちゃんにとっても、たくさんの選択肢があるのです。妊娠検査薬で陽性反応が出たら、できるだけ早く産婦人科を受診してください。

売れてる妊娠検査薬ベスト3はこれ!
■ わずか1分でスピード判定
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ 判定結果を液晶ディスプレイにデジタル表示
■ 99%以上の正確さ ■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ ひと目でわかる検査結果
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
妊娠検査薬WEBガイド 新着情報

妊娠検査薬は、産婦人科の病院へ行く前に自分で妊娠しているかの可能性を調べることができるキットのことをいいます。妊娠検査薬は薬局でも売っています。そのため、手軽に利用することができます。精子が子宮に着床すると、女性の体にはhCGというホルモンが分泌されるようになります。そのホルモンが尿の中にも含まれるようになります。妊娠検査薬は尿の中にhCGが含まれているか否かで妊娠の可能性を探ることができるものです。

妊娠検査薬が用いられるようになってから30年くらいたちます。そして、より使用しやすく精度も高くなってきました。日々、改良が重ねられています。現在では、正しい使用法と適切な時期を誤らなければ、99%の信憑性があるといわれています。妊娠検査薬での妊娠反応はあくまで「妊娠の可能性がある」ということです。妊娠の確定診断は必ず産婦人科の病院にいって医師の診断を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の陽性反応は、妊娠の可能性だけではなく、稀にではありますが、異常妊娠(子宮外妊娠)などの警告になることもあります。いずれにしても妊娠初期は妊婦にとって、とても大切な時期でもあります。速やかに産婦人科医師の診断を受けるようにしましょう。また、陰性反応についても、「妊娠が確認できない」ということですから、生理がさらに遅れているときは再検査をしたり産婦人科を受診することが大切です。

妊娠検査薬関連ニュース