スポンサード リンク
妊娠検査薬の使用時期

妊娠検査薬の使用時期ですが、一般的には生理予定日の1週間後(妊娠5週目)以降が望ましいとされています。生理予定日とは、前回の生理開始日に生理周期の日数を加えたものです。

妊娠検査薬で判定の基礎となるhCGは、女性が妊娠すると直ちに作り始められるホルモンです。妊娠初期においては徐々に尿の中に混入していくため、判定に十分な量となるまでに時間がかかります。多くの妊娠検査薬のhCG検出感度50IU/Lだと、妊娠5週目以降になると99%の確かさで判定ができます。少数ですが検出感度25IU/Lのものもあり、生理予定日当日(妊娠4週目)以降に使えます。

しかし、50IU/Lの検査薬でも生理予定日1週間後以前に判定ができないとは一概には言えるものでもありません。尿の中にはhCGが混入してきているため、生理予定日、またはそれ以前でも妊娠反応が出ることがあります。妊娠は精子が着床したときから始まっているので、生理予定日を基準にすると多少のずれが生じます。

しかし、妊娠検査薬での判定結果は女性にとってとても大きな意味を持つものなので、確実な検査のできる日、すなわち、それぞれの妊娠検査薬に定められた日以降の検査をお勧めします。そして、陽性反応が出た場合、必ず速やかに産婦人科を受診してください。

生理の周期が不規則で生理予定日がわからないという女性は案外多いものです。そのときは、大体の目安において、セックスした日+3週間後と考えてください。陰性だった場合でも、必ず日をあけて再検査をするようにしてください。

売れてる妊娠検査薬ベスト3はこれ!
■ わずか1分でスピード判定
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ 判定結果を液晶ディスプレイにデジタル表示
■ 99%以上の正確さ ■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ ひと目でわかる検査結果
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
妊娠検査薬WEBガイド 新着情報

妊娠検査薬は、産婦人科の病院へ行く前に自分で妊娠しているかの可能性を調べることができるキットのことをいいます。妊娠検査薬は薬局でも売っています。そのため、手軽に利用することができます。精子が子宮に着床すると、女性の体にはhCGというホルモンが分泌されるようになります。そのホルモンが尿の中にも含まれるようになります。妊娠検査薬は尿の中にhCGが含まれているか否かで妊娠の可能性を探ることができるものです。

妊娠検査薬が用いられるようになってから30年くらいたちます。そして、より使用しやすく精度も高くなってきました。日々、改良が重ねられています。現在では、正しい使用法と適切な時期を誤らなければ、99%の信憑性があるといわれています。妊娠検査薬での妊娠反応はあくまで「妊娠の可能性がある」ということです。妊娠の確定診断は必ず産婦人科の病院にいって医師の診断を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の陽性反応は、妊娠の可能性だけではなく、稀にではありますが、異常妊娠(子宮外妊娠)などの警告になることもあります。いずれにしても妊娠初期は妊婦にとって、とても大切な時期でもあります。速やかに産婦人科医師の診断を受けるようにしましょう。また、陰性反応についても、「妊娠が確認できない」ということですから、生理がさらに遅れているときは再検査をしたり産婦人科を受診することが大切です。

妊娠検査薬関連ニュース