スポンサード リンク
妊娠検査薬の入手方法

妊娠検査薬は、薬局で手軽に購入することができます。女性にとっては妊娠検査薬を購入することに気恥ずかしさを感じることもあるでしょう。そんなときはインターネットでの購入が便利です。インターネットでは購入するだけでなく、さまざまな製品の説明も自宅にいながらにしてゆっくり読むこともできて、比較しながら自分に適したものを選ぶことができます。インターネットでの購入に慣れていなくて抵抗がある場合も、製品の説明だけでもチェックしていけば、店頭で迷わずに済むでしょう。

hCGホルモンの検出による判定を行う妊娠検査薬は、販売元が違っても検査の信憑性や使用方法に大差はありません。ほとんどが生理予定日1週間後から検査可能ですが、生理予定日当日から検査できるものも少数ですがあります。また、判定方法で、陽性のみ表示されるアナログ方式のものと陰性も表示されるデジタル方式のもの、採尿部の広さ、検査が適切に行えているかの確認方法など製品によって若干の違いがあります。

妊娠検査薬の使用に慣れてしまえばなんということのない違いも、初めての検査に臨む女性には検討するに足りるものではないでしょうか。検査結果はとても大きな意味を持つだけに、納得のできる検査薬を購入することで、結果に対しても信用度が増すと思われます。

また、インターネットでは薬局よりも同じ製品が安価に販売されていることがよくあります。また、まとめ買いなどで送料がかからないことも多いので利用できる環境にあればとても便利です。

売れてる妊娠検査薬ベスト3はこれ!
■ わずか1分でスピード判定
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ 判定結果を液晶ディスプレイにデジタル表示
■ 99%以上の正確さ ■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ ひと目でわかる検査結果
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
妊娠検査薬WEBガイド 新着情報

妊娠検査薬は、産婦人科の病院へ行く前に自分で妊娠しているかの可能性を調べることができるキットのことをいいます。妊娠検査薬は薬局でも売っています。そのため、手軽に利用することができます。精子が子宮に着床すると、女性の体にはhCGというホルモンが分泌されるようになります。そのホルモンが尿の中にも含まれるようになります。妊娠検査薬は尿の中にhCGが含まれているか否かで妊娠の可能性を探ることができるものです。

妊娠検査薬が用いられるようになってから30年くらいたちます。そして、より使用しやすく精度も高くなってきました。日々、改良が重ねられています。現在では、正しい使用法と適切な時期を誤らなければ、99%の信憑性があるといわれています。妊娠検査薬での妊娠反応はあくまで「妊娠の可能性がある」ということです。妊娠の確定診断は必ず産婦人科の病院にいって医師の診断を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の陽性反応は、妊娠の可能性だけではなく、稀にではありますが、異常妊娠(子宮外妊娠)などの警告になることもあります。いずれにしても妊娠初期は妊婦にとって、とても大切な時期でもあります。速やかに産婦人科医師の診断を受けるようにしましょう。また、陰性反応についても、「妊娠が確認できない」ということですから、生理がさらに遅れているときは再検査をしたり産婦人科を受診することが大切です。

妊娠検査薬関連ニュース