スポンサード リンク
妊娠がなぜわかるの?

妊娠検査薬では、妊娠すると分泌が始まるhCGというホルモンが尿の中に含まれているかどうかで、妊娠の可能性を判断します。hCGは正しくはhuman Chorionic Gonadotropin(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)といい、女性の体が妊娠して初めて作られるホルモンです。

精子が着床すると胎盤でhCGが作られ始めます。生理予定日の妊娠4週目ごろから尿の中にhCGが混ざるようになり、妊娠3ヶ月ごろ分泌量はピークを迎えます。そして妊娠が継続している間、hCGはずっと作られ続けます。妊娠検査薬は、尿の中のhCGに反応する試薬を使い、妊娠の可能性を判定します。hCGは妊娠して初めて作られるホルモンであることから、想像妊娠等には反応しません。

hCGが尿の中に混ざり始めるのは妊娠4週目ころですが、検査薬の判定に十分な量になるのは、もう1週間待ったほうがいいでしょう。妊娠5週目(生理予定日から1週間後)に入ると判定には十分な量が混入するようになります。一般的に妊娠検査薬の試用期間は妊娠5週目以降となっているのもそのためで、hCGの混入量が十分であれば判定の信憑性は99%にも上ります。

もちろん、妊娠検査薬による判定はあくまで可能性を知るためのもので、確定診断ではありません。それでも、より正確な結果を望むのであれば、使用方法と使用時期を誤らないようにすることが大切です。尿を試薬にかけるだけという手軽さは、ともすれば信用できるのかと不安になることもありますが、妊娠検査薬の信憑性はとても高いのです。

売れてる妊娠検査薬ベスト3はこれ!
■ わずか1分でスピード判定
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ 判定結果を液晶ディスプレイにデジタル表示
■ 99%以上の正確さ ■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ ひと目でわかる検査結果
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
妊娠検査薬WEBガイド 新着情報

妊娠検査薬は、産婦人科の病院へ行く前に自分で妊娠しているかの可能性を調べることができるキットのことをいいます。妊娠検査薬は薬局でも売っています。そのため、手軽に利用することができます。精子が子宮に着床すると、女性の体にはhCGというホルモンが分泌されるようになります。そのホルモンが尿の中にも含まれるようになります。妊娠検査薬は尿の中にhCGが含まれているか否かで妊娠の可能性を探ることができるものです。

妊娠検査薬が用いられるようになってから30年くらいたちます。そして、より使用しやすく精度も高くなってきました。日々、改良が重ねられています。現在では、正しい使用法と適切な時期を誤らなければ、99%の信憑性があるといわれています。妊娠検査薬での妊娠反応はあくまで「妊娠の可能性がある」ということです。妊娠の確定診断は必ず産婦人科の病院にいって医師の診断を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の陽性反応は、妊娠の可能性だけではなく、稀にではありますが、異常妊娠(子宮外妊娠)などの警告になることもあります。いずれにしても妊娠初期は妊婦にとって、とても大切な時期でもあります。速やかに産婦人科医師の診断を受けるようにしましょう。また、陰性反応についても、「妊娠が確認できない」ということですから、生理がさらに遅れているときは再検査をしたり産婦人科を受診することが大切です。

妊娠検査薬関連ニュース