妊娠検査薬WEBガイドについて

 病院に行かなくてもお手軽に妊娠の可能性を検査することのできる妊娠検査薬。妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から妊娠の可能性を検査することができます。妊娠検査薬は、正しい使用法と、適切な時期を間違えなければ、99%の信憑性があると言われています。本サイトでは、その「正しい使用法」と「適切な時期」について、詳しく紹介を行っています。また、妊娠検査薬の紹介もしていますので、自分に合った妊娠検査薬を使用するのもよいでしょう。

売れてる妊娠検査薬ベスト3はこれ!
■ わずか1分でスピード判定
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ 判定結果を液晶ディスプレイにデジタル表示
■ 99%以上の正確さ ■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
■ ひと目でわかる検査結果
■ 朝・昼・夜いつでも検査可能
妊娠検査薬WEBガイド 新着情報

妊娠検査薬は、産婦人科の病院へ行く前に自分で妊娠しているかの可能性を調べることができるキットのことをいいます。妊娠検査薬は薬局でも売っています。そのため、手軽に利用することができます。精子が子宮に着床すると、女性の体にはhCGというホルモンが分泌されるようになります。そのホルモンが尿の中にも含まれるようになります。妊娠検査薬は尿の中にhCGが含まれているか否かで妊娠の可能性を探ることができるものです。

妊娠検査薬が用いられるようになってから30年くらいたちます。そして、より使用しやすく精度も高くなってきました。日々、改良が重ねられています。現在では、正しい使用法と適切な時期を誤らなければ、99%の信憑性があるといわれています。妊娠検査薬での妊娠反応はあくまで「妊娠の可能性がある」ということです。妊娠の確定診断は必ず産婦人科の病院にいって医師の診断を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の陽性反応は、妊娠の可能性だけではなく、稀にではありますが、異常妊娠(子宮外妊娠)などの警告になることもあります。いずれにしても妊娠初期は妊婦にとって、とても大切な時期でもあります。速やかに産婦人科医師の診断を受けるようにしましょう。また、陰性反応についても、「妊娠が確認できない」ということですから、生理がさらに遅れているときは再検査をしたり産婦人科を受診することが大切です。

hCG Human Chorionic GonadotropinはhCGのことです。妊娠すると受精卵からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されていきます。妊娠検査薬はこのホルモンが尿の中にあるかどうかを検査する仕組みになっています。市販されている妊娠検査薬と医療機関で使われている妊娠検査薬は基本的に同じものです。

そして、妊娠検査薬で陽性反応が出たときには高い確率で妊娠していることになります。妊娠検査薬を使用する時期についてですが、妊娠検査薬は排卵日から2~3週間目には陽性反応が出るように作られていますが、最初のうちはhCGが分泌量が少ないため反応の印が薄いというように妊娠しているかどうかのの判断しにくい場合があります。

妊娠検査薬を正確に検査できる時期については次のとおりです。まず基礎体温を測っている→高温期が3週間続くような場合、そして生理が順調の場合には生理がくる時期が遅れた1週間後くらいです。市販の妊娠検査薬はHCGが「50mIU/ml 」以上になると陽性の反応がでます。このHCGは受精卵が骨盤内のどこかに着床することによって分泌しはじめます。

HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は受精卵が骨盤内のどこかに着床することにより分泌されはじめます。これは子宮外妊娠であっても科学的流産であっても反応します。また、この数値が妊娠週より低いければ赤ちゃんがちゃんと育っていないため流産している可能性が出てきます。「50mIU/ml 」というのは、妊娠3週の終わりごろです。

つまり、生理予定日頃から陽性反応が出るという人が多いわけです。しかしながらあくまで「個人差」がありますので生理予定日1週間後の検査が確実だというわけです。妊娠検査薬の使い方としては市販の検査薬の説明書に従っておこないます。ほとんどは棒状の検査薬です。そして、その先におしっこをつけます。

陽性であれば数分くらい後には検査窓に色の変化がでます。アラクス、チェックワンの場合にはキャップをはずして、下を向くように持って尿吸収体全体を約3秒間尿で濡らします。濡らし終わったら、下に向けたままキャップをします。そして、平らなところに判定窓が見えるように置いてそのまま約1分待ちます。